順養子(読み)ジュンヨウシ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐ようし〔‐ヤウシ〕【順養子】

弟が実兄の養子となること。また、その養子。
ある家の養子となった者が、その家の弟を自分の養子とすること。また、その養子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんようし【順養子】

江戸時代、弟が兄の養子となること。また、弟が家を継いだあと、兄の子を養子にしてその家を継がせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の順養子の言及

【養子】より

…養親の年齢は17歳以上,養子は養親より年少の者でなければならなかった。また家の断絶を防止するため,順養子といって弟や養方弟(養父の実子など)を養子とすることや,死期近く願い出る末期養子(まつごようし),大名・幕臣が参勤交代や公用で江戸を離れる際,万一を考えて願い出ておく仮養子(かりようし)の制度も行われた。諸藩でも家中の養子は細かく規定されていた。…

※「順養子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android