コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順養子 ジュンヨウシ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐ようし〔‐ヤウシ〕【順養子】

弟が実兄の養子となること。また、その養子。
ある家の養子となった者が、その家の弟を自分の養子とすること。また、その養子。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんようし【順養子】

江戸時代、弟が兄の養子となること。また、弟が家を継いだあと、兄の子を養子にしてその家を継がせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の順養子の言及

【養子】より

…養親の年齢は17歳以上,養子は養親より年少の者でなければならなかった。また家の断絶を防止するため,順養子といって弟や養方弟(養父の実子など)を養子とすることや,死期近く願い出る末期養子(まつごようし),大名・幕臣が参勤交代や公用で江戸を離れる際,万一を考えて願い出ておく仮養子(かりようし)の制度も行われた。諸藩でも家中の養子は細かく規定されていた。…

※「順養子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

順養子の関連キーワード片倉兼太郎(2代)大名養子制観世華雪江戸時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android