コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和郡山[市] やまとこおりやま

百科事典マイペディアの解説

大和郡山[市]【やまとこおりやま】

奈良県北西部,奈良盆地中北部を占める市。1954年市制。中心の郡山は1585年の豊臣秀吉の弟秀長の築城後発展し,近世は柳沢氏15万石の城下町として繁栄,城下町の形態がよく残る。関西本線,近鉄橿原(かしはら)線が通じ,同天理線が分岐。西名阪自動車道が通じる。近年は京都市のベッドタウン化しているが,南部の昭和工業団地には弱電,機械,食品,プラスチックなどの工場が立地,内陸の工業,流通の中心となっている。靴工業団地も完成,紳士靴の生産も盛ん。武士の内職として始まったという金魚の養殖も盛んで,海外へも輸出。赤膚(あかはだ)焼,メリヤスも産し,大和スイカ,イチゴ,ハクサイも多産。片桐石州創建の慈光院の茶室と庭園(名勝・史跡),額田部窯跡(史跡),典型的な環濠集落として有名な稗田集落,アジサイ寺として著名な矢田金剛寺がある。42.69km2。8万9023人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまとこおりやま【大和郡山[市]】

奈良県北西部の市。1953年郡山町に平和,矢田,治道はるみち),昭和の4村が編入,翌54年大和郡山町と改称して市制。人口9万5165(1995)。西部は矢田丘陵の東斜面にあたり,北西部は西ノ京丘陵の南端部を占め,その地形を利用して郡山城下が形成された。両丘陵間には富雄川が南流している。東部は奈良盆地低部にあたる農業地帯で,佐保川が貫流する。郡山の本格的な発展は,1585年(天正13)豊臣秀長が入り,本格的な築城と城下町経営に着手してからである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android