コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大善寺玉垂宮(たまだれぐう)の鬼夜

1件 の用語解説(大善寺玉垂宮(たまだれぐう)の鬼夜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大善寺玉垂宮(たまだれぐう)の鬼夜

福岡県久留米市の大善寺玉垂宮に伝わる神事。元日から7日まで続く追儺(ついな)行事「鬼会(おにえ)」の最終日に行われる神事。日中、鬼面尊神を本殿から阿弥陀堂に移して神事を行い、夜には火をつけた大松明を締め込み姿の氏子の若衆が支え持って本殿を巡り、開運招福・家内安全などを祈る。祭りの起源は仁徳天王の時代(4世紀)にまで遡るとされ、日本の火祭りの中でも特に古いもののひとつ。1994年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大善寺玉垂宮(たまだれぐう)の鬼夜の関連キーワード福岡県久留米市上津町福岡県久留米市大善寺大橋福岡県久留米市大善寺町黒田福岡県久留米市大善寺町中津福岡県久留米市大善寺町藤吉福岡県久留米市大善寺町宮本福岡県久留米市大善寺町夜明福岡県久留米市大善寺南福岡県久留米市本町福岡県久留米市南

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone