コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大善寺玉垂宮(たまだれぐう)の鬼夜

デジタル大辞泉プラスの解説

大善寺玉垂宮(たまだれぐう)の鬼夜

福岡県久留米市の大善寺玉垂宮に伝わる神事。元日から7日まで続く追儺(ついな)行事「鬼会(おにえ)」の最終日に行われる神事。日中、鬼面尊神を本殿から阿弥陀堂に移して神事を行い、夜には火をつけた大松明を締め込み姿の氏子若衆が支え持って本殿を巡り、開運招福・家内安全などを祈る。祭りの起源は仁徳天王の時代(4世紀)にまで遡るとされ、日本の火祭りの中でも特に古いもののひとつ。1994年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大善寺玉垂宮(たまだれぐう)の鬼夜の関連キーワード福岡県久留米市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android