コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大地東川 おおち とうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大地東川 おおち-とうせん

1695-1754 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)8年生まれ。加賀金沢藩士。伯父の室鳩巣(むろ-きゅうそう)にまなび,詩文の才能を新井白石に賞賛される。書物奉行,改作奉行や藩主前田宗辰(むねとき)・重煕(しげひろ)の侍講をつとめた。宝暦4年死去。60歳。名は昌言。字(あざな)は士兪,行甫。通称は新八郎。別号に遜軒,奚疑。著作に「論語問目」「奚疑先生文集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大地東川の関連キーワード安保理決議1695と1718カンファイスカンプハイス桃林堂蝶麿アルノーポール・ロアイヤル運動黒田長貞植村政勝李方膺フランクリン(Benjamin Franklin)

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android