コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大場景明 おおば かげあき

1件 の用語解説(大場景明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大場景明 おおば-かげあき

1720*-1785 江戸時代中期の暦算家,儒者。
享保(きょうほう)4年11月26日生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。同藩の小池友賢に儒学と暦学を,京都の中根彦循(げんじゅん)や幕府天文方の山路之徽(ゆきよし)に暦学をまなぶ。安永7年彰考館の総裁となった。天明5年5月23日死去。67歳。通称は大次(二)郎。字(あざな)は俊甫。号は南湖,廉斎。著作に「括要弧術解」「農政纂要」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大場景明の関連キーワード秋保新左衛門秋保盛弁遠藤清寅大場景則春日経高幸田親盈原田茂嘉森士行吉田子方吉田秀升

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone