大塚甲山(読み)おおつか こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大塚甲山 おおつか-こうざん

1880-1911 明治時代の詩人。
明治13年1月1日生まれ。37年「平民新聞」の非戦論に共鳴して社会主義協会にはいり,「新小説」に詩や随筆を発表。日露戦争当時の反戦詩人として注目された。未完の「大塚甲山遺稿集」がある。明治44年6月13日死去。32歳。青森県出身。本名は寿助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android