木太刀(読み)きだち

精選版 日本国語大辞典「木太刀」の解説

き‐だち【木太刀】

〘名〙
① 木で作ったかたな。こだち。きがたな。木刀木剣
※書紀(720)崇神六〇年七月(寛文版訓)「是より先に、兄竊に木(キタチ)を作れり。形真刀(またち)に似る」
② 白木で作った鞘に納めた太刀
※太平記(14C後)三五「出仕の時は木鞘巻の刀を差し木太刀を持たせけるが」

こ‐だち【木太刀】

〘名〙 木でつくって刀に似せたもの。木刀。
※古事記(712)中「竊(ひそか)に赤檮(いちひ)以ちて、許刀(コたち)に作り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「木太刀」の解説

き‐だち【木太刀】

木で作ったかたな。木刀。木
白木のままのさやの太刀。
「出仕の時は木鞘巻の刀を差し、―を持たせけるが」〈太平記・三五〉
[類語]けんつるぎ刀剣太刀大刀たち大刀だいとう小刀しょうとう名刀宝刀軍刀牛刀日本刀青竜刀サーベル銃剣手裏剣真剣短刀懐刀ふところがたな懐剣脇差し小柄匕首あいくちどす人斬り包丁快刀業物木刀木剣竹光長刀なぎなた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android