木太刀(読み)キダチ

デジタル大辞泉の解説

き‐だち【木太刀】

木で作ったかたな。木刀。木剣。
白木のままの鞘(さや)の太刀。
「出仕の時は木鞘巻の刀を差し、―を持たせけるが」〈太平記・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きだち【木太刀】

木製の太刀。木剣。木刀。
表面に塗りのない白木の鞘さやに入れた太刀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐だち【木太刀】

〘名〙
① 木で作ったかたな。こだち。きがたな。木刀木剣
※書紀(720)崇神六〇年七月(寛文版訓)「是より先に、兄竊に木(キタチ)を作れり。形真刀(またち)に似る」
白木で作った鞘に納めた太刀
※太平記(14C後)三五「出仕の時は木鞘巻の刀を差し木太刀を持たせけるが」

こ‐だち【木太刀】

〘名〙 木でつくって刀に似せたもの。木刀。
※古事記(712)中「竊(ひそか)に赤檮(いちひ)以ちて、許刀(コたち)に作り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木太刀の関連情報