市川流(読み)いちかわりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川流
いちかわりゅう

日本舞踊の一流派。江戸時代末期の7世市川団十郎に始り,9世団十郎が独自な工夫を加えたもので,役の性格をきわめ,品格を保つのを特色とした。9世の没後,長女翠扇 (すいせん) が家元を継ぎ,没後,1956年にその姪の市川紅梅 (こうばい。 1978没) が翠扇を襲名した。 79年,市川海老蔵 (12世市川団十郎) が4世家元を継ぎ,その妹堀越治代が2世紅梅を襲名した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちかわ‐りゅう いちかはリウ【市川流】

〘名〙
① 箏(そう)の流派の一つ。江戸時代、貞享・元祿(一六八四‐一七〇四)の頃、京都の地唄の名人市川検校(けんぎょう)の始めたもの。今は伝わらない。
浮世草子・好色二代男(1684)三「正しく初山が上調子の声とも聞え、市川流(いちかはリウ)の琴かとうたがはれ」
② 歌舞伎の芸系の一つ。元祿一六八八‐一七〇四)の頃、初代市川団十郎が始めて、代々家の芸とする荒事(あらごと)。歌舞伎十八番を生み出した。
※談義本・根無草(1763‐69)後「『薬研堀に隠れなき不動明王を見しらぬか』と市川流で白眼(にらみ)付くれば」
③ 舞踊の一流派。俳優七代目市川団十郎の舞踊風を伝え、九代目市川団十郎によって確立されたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android