コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宋宣和遺事 だいそうせんないじDa-song xuan-he yi-shi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大宋宣和遺事
だいそうせんないじ
Da-song xuan-he yi-shi

中国の歴史小説。2巻。宋代の歴史講談の台本をまとめたもので,元代に出版された。まず上古から唐までの興亡を述べ,次いで宋の太祖から哲宗までの7世の出来事を略述し,最後に徽宗皇帝治世下,奸臣がはびこり忠臣が遠ざけられ,皇帝自身も風流栄耀にふけるさまが描かれている。特に治世の終り宣和年間 (1119~25) の記述が詳しく,本書の書名はそれによっている。そのうち宋江ら 36人の賊が朝廷に反抗して梁山泊にたてこもる一節は,『宋史』にも記載された史実が講談のなかで伝説化され潤色されて,のちの施耐庵の傑作『水滸伝』に結晶する過程を示すものとして貴重。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大宋宣和遺事の関連キーワード章回小説宣和遺事

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android