栄耀(読み)えよう

精選版 日本国語大辞典「栄耀」の解説

え‐よう ‥エウ【栄耀】

〘名〙 (「えいよう」の変化した語)
えて世にときめくこと。晴れがましく結構なこと。
※義経記(室町中か)八「この間の狩をばゑようの狩と思し召すや」
※集義和書(1676頃)一六「生れながら栄耀(エヨウ)にて、民の艱苦をしらざる人は」
② (形動) (━する) 栄華に乗じて増長すること。ぜいたくなこと。また、気まま勝手なさま。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「ゑようの振舞ひつかまつり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「栄耀」の解説

えい‐よう〔‐エウ〕【栄×耀】

大いに栄えて、はぶりのよいこと。えよう。「栄耀におごる」「栄耀を図る」
ぜいたくをすること。えよう。「栄耀の限りを尽くす」

え‐よう〔‐エウ〕【×耀】

えいよう(栄耀)」の音変化。
「禅宗坊主だって、是よりは口に―をさせて居るだろう」〈漱石坊っちゃん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「栄耀」の解説

【栄耀】えいよう(えう)

栄華。・曹植〔雑詩、六首、四〕時俗、朱顏を(うと)んず 誰(た)が爲にか齒を發(ひら)かん 俛仰して(とし)將(まさ)にれんとす 榮久しくは恃み

字通「栄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android