大封(読み)タイホウ

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ほう【大封】

〘名〙
① 古代の軍礼の一つ。国境を正すこと。〔周礼‐春官・大宗伯〕
② 大きな封地を与えること。また、その封地。
※今昔較(1874)〈岡三慶〉上「子孫を大封し東西に分て大牙の勢をなし」 〔春秋左伝‐昭公三〇年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android