コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大岩主一 おおいわ しゅいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大岩主一 おおいわ-しゅいち

1810-1862 江戸時代後期の医師。
文化7年生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩の生駒玄竜に蘭学を,京都の小石元瑞(こいし-げんずい),新宮凉庭(りょうてい)らに医学をまなぶ。のち越前(えちぜん)福井藩主松平慶永(よしなが)の侍医となった。文久2年8月8日死去。53歳。越前出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大岩主一の関連キーワード片岡市蔵(初代)サイゴン条約黒住教神谷源内植村文楽軒ケレタロオーバーベック黒住宗忠堀田正睦ロイター