コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大峯あきら おおみね あきら

1件 の用語解説(大峯あきらの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大峯あきら おおみね-あきら

1929- 昭和後期-平成時代の俳人,宗教哲学者。
昭和4年7月1日生まれ。大阪外大教授をへて,昭和55年阪大教授。のち竜谷大教授,浄土真宗教学研究所所長。俳句は59年「晨」を創刊し代表同人。毎日俳壇選者。平成15年「宇宙塵」で俳人協会賞。23年「群生海」で毎日芸術賞,詩歌文学館賞(俳句部門)。27年「短夜」で蛇笏(だこつ)賞。奈良県出身。京大卒。本名は顕。著作に「日本の仏典」「浄土仏教の思想」「宗教の授業」,句集はほかに「紺碧の鐘」「吉野」「牡丹」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大峯あきらの関連キーワード鷹羽狩行長谷川櫂岡田日郎岡本眸黒田杏子鈴木鷹夫福田甲子雄山田みづえ西村和子小川軽舟

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大峯あきらの関連情報