コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島信 おおしま しん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島信 おおしま-しん

1853-1899 明治時代の官僚,政治家。
嘉永(かえい)6年9月16日生まれ。埼玉県庁をへて内務省にはいる。明治20年,郷里鹿児島県奄美(あまみ)大島の農民のために,鹿児島商人の黒砂糖流通独占を批判する「大島郡糖業意見」を発表。25年衆議院議員(当選3回)。奄美大島への海底電線の敷設につくした。明治32年3月14日死去。47歳。駒場農学校(現東大)卒。旧名は信(しな)正熊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大島信の関連キーワード峰岸綾子大島高任明治時代野球嘉永

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android