コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島福造 おおしま ふくぞう

1件 の用語解説(大島福造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島福造 おおしま-ふくぞう

1894-1977 大正-昭和時代の病理学者。
明治27年8月4日生まれ。昭和14年名古屋帝大教授。のち関西医大教授,名古屋保健衛生大学長を歴任。病理学,腫瘍(しゅよう)学,とくにニワトリの肉腫の研究で知られる。日本病理学会会長,日本癌(がん)学会会長をつとめた。昭和52年1月31日死去。82歳。愛知県出身。愛知医専卒。著作に「鳥類疾病論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大島福造の関連キーワード日清戦争冤罪磁鉄鉱系列リーケの原理日清戦争ロシア映画永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone