コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大弁了訥 だいべん りょうとつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大弁了訥 だいべん-りょうとつ

?-? 南北朝-室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)仏陀寺の了堂真覚(1330-99)のもとで出家,のち総持寺の奇叟異珍(きそう-いちん)に師事してその法をつぐ。仏陀寺,大和(奈良県)補巌寺をへて,伊賀(いが)(三重県)安養院をひらいた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大弁了訥の関連キーワード海門興徳室町時代南北朝曹洞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android