コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大引け おおびけ

4件 の用語解説(大引けの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

大引け

証券取引所における、後場最後の取引をさす。取引所の売買立会は、午前立会(前場・ぜんば)と午後立会(後場・ごば)に分かれている。後場の最後の売買を「大引け」と言い、大引けについた値段が終値となる。大引け値と終値は同一ではなく、午後立会で売買が成立しなかった場合、大引け値は存在しない形になるが、株価の終値は600円となる。大引けの取引では、ザラバの取引とは違い、売り注文と買い注文を一斉に集めてすり合わせる形の「板寄せ方式」が用いられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おお‐びけ〔おほ‐〕【大引け】

取引所で、一日の最後に行われる取引。また、その値段。一日の取引がすべて終了した状態をいう場合もある。⇔寄り付き
昔、遊郭で、その日の営業を終え、消灯して大戸を閉じること。江戸新吉原では午前2時ごろ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおびけ【大引け】

取引所での最終の立ち会い。また、そのときの相場。前場ぜんばと後場ごばの大引けのうち、通常は後場の大引けをさす。 ↔ 寄り付き 「 -値段」
遊郭で閉店の時刻、午前二時頃をいう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大引け
おおびけ

(1)遊廓(ゆうかく)で妓楼(ぎろう)がその日の営業を終了すること、またその時刻。1657年(明暦3)に焼失後、江戸・日本橋から移転した新吉原(しんよしわら)(台東区(たいとうく)千束(せんぞく))では、六つ(午後6時)から四つ(午後10時)までの夜間営業が許され、四つには規定どおり大門を閉めたが、張見世(はりみせ)(娼妓(しょうぎ)が店先で客を待つこと)は九つ(午後12時)の引けまで行われて、くぐり門を通行することが黙認された。それ以後も営業する場合は、九つを中引けというのに対し終業時を大引けとよび、店や季節により午前1時または午前2時のことが多かった。
(2)市場用語の大引けは、証券取引所や商品取引所での午後の最後の立会(取引)をいう。[佐藤農人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大引けの関連キーワード普通取引後場場外取引清算取引前場AMEX札幌証券取引所ジョバー後場寄り三市場

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大引けの関連情報