コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大引け おおびけ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

大引け

証券取引所における、後場最後の取引をさす。取引所の売買立会は、午前立会(前場・ぜんば)と午後立会(後場・ごば)に分かれている。後場の最後の売買を「大引け」と言い、大引けについた値段が終値となる。大引け値と終値は同一ではなく、午後立会で売買が成立しなかった場合、大引け値は存在しない形になるが、株価の終値は600円となる。大引けの取引では、ザラバの取引とは違い、売り注文と買い注文を一斉に集めてすり合わせる形の「板寄せ方式」が用いられる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おお‐びけ〔おほ‐〕【大引け】

取引所で、一日の最後に行われる取引。また、その値段。一日の取引がすべて終了した状態をいう場合もある。⇔寄り付き
昔、遊郭で、その日の営業を終え、消灯して大戸を閉じること。江戸新吉原では午前2時ごろ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおびけ【大引け】

取引所での最終の立ち会い。また、そのときの相場。前場ぜんばと後場ごばの大引けのうち、通常は後場の大引けをさす。 ⇔ 寄り付き 「 -値段」
遊郭で閉店の時刻、午前二時頃をいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大引け
おおびけ

(1)遊廓(ゆうかく)で妓楼(ぎろう)がその日の営業を終了すること、またその時刻。1657年(明暦3)に焼失後、江戸・日本橋から移転した新吉原(しんよしわら)(台東区(たいとうく)千束(せんぞく))では、六つ(午後6時)から四つ(午後10時)までの夜間営業が許され、四つには規定どおり大門を閉めたが、張見世(はりみせ)(娼妓(しょうぎ)が店先で客を待つこと)は九つ(午後12時)の引けまで行われて、くぐり門を通行することが黙認された。それ以後も営業する場合は、九つを中引けというのに対し終業時を大引けとよび、店や季節により午前1時または午前2時のことが多かった。
(2)市場用語の大引けは、証券取引所や商品取引所での午後の最後の立会(取引)をいう。[佐藤農人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大引けの関連キーワード終わり値・終り値寄り付き・寄付き止め相場・止相場引け際・退け際特別清算指数市場取引用語寄付き値段大引け値段証券取引所引け相場水離れザラ場寄付き引け際前引け終り値引け高止相場ざら場

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android