コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄(り)付き ヨリツキ

デジタル大辞泉の解説

より‐つき【寄(り)付き】

よりつくこと。そば近くへ寄ること。
「兎に角に―を好くするこそ緊要なれ」〈福沢学問のすゝめ
入ってすぐの部屋。
庭園などに設けられた簡単な休み場所。
茶の湯で、待ち合い3の異称。
取引所で、立会が開始して最初に行われる売買。特に、午前の立会の最初の売買をいう。⇔大引け。→寄り付き値段後場(ごば)寄り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

寄(り)付きの関連キーワード市場取引用語直物市場ザラ場板寄せ