コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大掾氏 だいじょううじ

1件 の用語解説(大掾氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だいじょううじ【大掾氏】

古代末期~中世の常陸国の豪族。桓武天皇の曾孫高望の子国香が常陸大掾に任官して,土着したと伝える。国香の子貞盛は平将門の乱で同族の将門を破り,この地方に勢力をたくわえた。その子の維幹(一説には貞盛の弟繁盛の子ともいう),孫の為幹と常陸大掾の職を世襲,職名の大掾をみずからの名字とした。12世紀以降,一族は常陸国の南半分をほぼ勢力下においた。鎌倉時代の初め,本宗の大掾義幹と弟の下妻広幹は失脚,両者の支配領域へは守護の八田知家の一族が進出するが,大掾職は庶流の馬場資幹に継承された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の大掾氏の言及

【佐竹氏】より

…89年(文治5)になって頼朝の奥州藤原氏征討に加わり,その功によって御家人の列に加えられ,旧領の一部を回復,承久の乱でも活躍し,美濃国にも所領を給与された。南北朝内乱にさいして,貞義が終始足利尊氏に荷担し,南朝方の小田氏や大掾氏らと戦って制圧し,その功によって小田氏に代わり常陸守護職に任命された。しかし守護になってもその権限の行使は実質上常陸北東部に限られ,吉田,行方,鹿島,真壁,南郡の5郡については大掾氏が権限を握っていた。…

【馬場氏】より

…やはり清和源氏であるが,義光(頼義の子,義家の弟)の流である。(3)桓武平氏 平維幹(国香の孫,繁盛の子)に発し,常陸大掾を世襲する大掾(だいじよう)氏の一族で,同国那珂郡馬場を本拠とする。大掾氏一族の惣領多気義幹は同じ常陸の八田知家と対立し,1193年(建久4)知家の讒言(ざんげん)で岡部泰綱に預けられ,所領は没収の上,支流の馬場資幹に与えられた。…

【常陸大掾伝記】より

…常陸大掾氏本宗および支族の伝記。常陸大掾系図が添えられている。…

【常陸国】より

…南部は古くから常陸平氏一族の支配下にあり,おそらくは,12世紀後半南野牧の自立,小鶴(こつる)荘の分出ののち南郡・北郡に分かれた茨城郡,鹿島・行方両郡および,令制の那珂郡から早くに分出した吉田郡などもその勢力のもとにあった。常陸平氏の嫡流は,国衙の大掾の職を世襲して大掾氏を称し,茨城,筑波,信太,真壁郡などを支配してきたが,その支配地の多くを中央の権門勢家に寄進し,荘園化を進めた。その中には茨城郡内の小鶴荘(摂関家領),筑波郡の一部から真壁郡へかけての南野牧,村田荘,田中荘,下妻荘(いずれも八条院領)などがある。…

※「大掾氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大掾氏の関連キーワード桓武平氏水軍崇道天皇践祚蘇我赤兄天応常陸風土記伊賀理命大海〓(“草かんむり”の下に「ヨ」の中の横棒が突き出たものを2つ)蒲百済教法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone