コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大掾満幹 だいじょう みつもと

朝日日本歴史人物事典の解説

大掾満幹

没年:永享1.12.13(1430.1.7)
生年:生年不詳
室町時代前期の武将。常陸大掾。高幹の孫,詮国の子。応永前期ごろまでは常陸守護佐竹氏から相対的に独立性を保ちつつ,鎌倉府とも比較的良好な関係にあった。しかし犬懸上杉禅秀(氏憲)が鎌倉公方足利持氏と山内上杉憲基に対し兵を挙げると(上杉禅秀の乱),山内上杉氏との結びつきを強めていた佐竹氏に対抗して禅秀方に加担,敗れて降伏した。その後,京都扶持衆となり一定の領域支配を続けたが,応永33(1426)年江戸氏に水戸の地を奪われて以降勢威は漸次衰えた。鎌倉雪の下において,次第に専制化を強めていた公方持氏により子の慶松と共に殺された。<参考文献>『石岡市史』下

(松本一夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大掾満幹の関連キーワード佐竹与義江戸通房水戸城

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android