コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大散関 だいさんかん Da-san-guan; Ta-san-kuan

2件 の用語解説(大散関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大散関
だいさんかん
Da-san-guan; Ta-san-kuan

中国,陝西省宝 雞県南西の秦嶺山脈の大散嶺にある関門。渭水流域から南の漢中,四川に通じる要路にあたり,宋,金両国の国境線上の要地として有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だいさんかん【大散関 Dà sǎn guān】

中国,陝西省宝鶏県南西25kmにあり,大散嶺を越えるための隘路(あいろ)。散関,崤谷(こうこく)とも呼ばれる。関中と漢中を結ぶ要路として,南北に政治勢力が対峙する際には,攻守によろしき地として重要視された。例えば南宋と金の国境の西端となるなど。漢中王劉邦が関中に入り,蜀の諸葛亮(しよかつりよう)が魏の陳倉を攻めた際には,南から北にこの地を過ぎ,唐の玄宗が四川に逃れ,元や明が四川を平定する時は,北から南へ通った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大散関の関連キーワード渭水石鼓文陝西省漢中九州陝西洛水宝鶏日本考古展闘鶏台古墓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone