コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大散関 だいさんかんDa-san-guan; Ta-san-kuan

世界大百科事典 第2版の解説

だいさんかん【大散関 Dà sǎn guān】

中国,陝西省宝鶏県南西25kmにあり,大散嶺を越えるための隘路(あいろ)。散関,崤谷(こうこく)とも呼ばれる。関中と漢中を結ぶ要路として,南北に政治勢力が対峙する際には,攻守によろしき地として重要視された。例えば南宋と金の国境の西端となるなど。漢中王劉邦が関中に入り,蜀の諸葛亮(しよかつりよう)が魏の陳倉を攻めた際には,南から北にこの地を過ぎ,唐の玄宗が四川に逃れ,元や明が四川を平定する時は,北から南へ通った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android