コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦嶺山脈 しんれいさんみゃく

4件 の用語解説(秦嶺山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秦嶺山脈
しんれいさんみゃく

「チンリン (秦嶺) 山脈」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんれい‐さんみゃく【秦嶺山脈】

秦嶺

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しんれいさんみゃく【秦嶺山脈】

中国、陝西省の南部を東西に走る古期褶曲山脈。華北と華中との自然的境界をなす。長さ約800キロメートル、平均高度2000メートル。最高峰は太白山(海抜3767メートル)。チンリン山脈。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秦嶺山脈
しんれいさんみゃく / チンリンシャンマイ

中国、中央部を東西に走る山脈。西は甘粛(かんしゅく/カンスー)省南東部より陝西(せんせい/シャンシー)省南部を経て、東は河南(かなん/ホーナン)省西部に至り、伏牛山(ふくぎゅうさん/フーニウシャン)、桐柏山(とうはくさん/トンパイシャン)、大別山(だいべつさん/ターピエシャン)などの低平な丘陵となる。もっとも高いのは陝西の渭河(いが/ウェイホー)平野の南部で、一般に標高2000~3000メートルを保ち、最高峰の太白山(たいはくさん/タイパイシャン)は3767メートルである。山脈は中生代の燕山(えんざん)造山運動で隆起し、のちヒマラヤ造山運動でふたたび隆起したもの。傾動性の断層運動により、北側は急崖(きゅうがい)をなすが、南側は緩斜面となっている。したがって北側は激しい侵食を受け、渓谷が美しい風景を呈するものの、交通がきわめて困難であるのに対し、南側には山間盆地が点在して山地農業の中心となっている。気候的にも秦嶺山脈は中国の南北を区分する非常に重要な役割を果たしている。北の渭河平野は半乾燥地帯に属し、年降水量も500~600ミリメートルであるのに対し、南の漢中(かんちゅう/ハンチョン)盆地は1000ミリメートルを超える。気温でも年最低気温では10℃以上の差がある。そのため南北で植生も大きく異なり、農業の条件も違う。秦嶺山脈を東に延長し淮河(わいが/ホワイホー)と結んだ秦嶺―淮河線は、乾燥農業(小麦)と湿潤農業(水稲)を区分する線となっている。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秦嶺山脈の関連キーワードヒルト華夷チャイナ中文唐画中華街中国銀聯中国茶の日中国醤油孔子学院

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秦嶺山脈の関連情報