コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大斎 たいさいjejunium; fast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大斎
たいさい
jejunium; fast

キリスト教用語。特にカトリックにおいて小斎に対していわれる。小斎が肉食を断つのに対して大斎は完全な断食をいう。ただし現在では緩和されて1日1度の食事と2度のごく軽い食事は許されている。大斎日も減少されて,年に1~2日 (現在日本のカトリック教会では灰の水曜日と聖金曜日) にすぎない。むしろキリストの苦難を思い,罪を悔い,神の愛に感謝するという精神面が強調されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たいさい【大斎】

カトリック教会で、キリストの苦難を思い起こすために、食を断ったり、節すること。聖週間中の金曜日と降誕祭の前日に守られる。 ↔ 小斎

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大斎の言及

【断食】より

…またアッシジのフランチェスコがアルベルナ山に入ってから断食と祈りの生活に没頭し,自分の手足とわき腹にキリストの聖痕を得たことはよく知られている。カトリックでは斎日Fastというのがあって,大斎とか小斎という。これはイエス・キリストの断食修行の苦難を追体験するためのものであって,聖金曜日とか降誕祭の前日などに行われる。…

※「大斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大斎の関連キーワード四季大斎日・四季大斎週間和歌山県田辺市本宮町本宮本宮(和歌山県)紫式部日記選子内親王古本説話集ダンスタン藤原多美子馨子内親王斎院中将閻魔詣で無名草子降誕祭私家集聖週間清和院馬内侍四旬節

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大斎の関連情報