コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖金曜日

世界大百科事典 第2版の解説

せいきんようび【聖金曜日 Good Friday】

キリスト教の教会暦における聖週間と〈聖なる三日間〉の中で,キリストの受難と死をとくに記念する日。この日の典礼は,古代エルサレムの習慣から発展したもので,キリストの死の時間に(午後3時から),いっさいの装飾を除いた祭壇の前にひれ伏し,悲しみと沈黙のうちに始まる。《ヨハネによる福音書》の受難の朗読が行われ,教会をはじめ,人類のすべての共同体のために共同祈願がささげられる。そのあと,十字架崇敬賛美が続き,交わりの儀(主の祈りと聖体拝領)をもって終わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聖金曜日
せいきんようび

受難日」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の聖金曜日の言及

【受難】より

…キリスト教会では,エルサレム入城の日曜日を〈枝の主日〉,その日から復活祭の前日までの1週間を〈聖週間〉と呼ぶ。磔刑の日とされる,その週の金曜日を〈聖金曜日(受難日)Good Friday〉として記念し,典礼を行う。
[受難図]
 受難の苦しみを追体験することは信仰の基礎であるため,受難のありさまは古くから美術の重要な主題となった。…

【受難】より

…キリスト教会では,エルサレム入城の日曜日を〈枝の主日〉,その日から復活祭の前日までの1週間を〈聖週間〉と呼ぶ。磔刑の日とされる,その週の金曜日を〈聖金曜日(受難日)Good Friday〉として記念し,典礼を行う。
[受難図]
 受難の苦しみを追体験することは信仰の基礎であるため,受難のありさまは古くから美術の重要な主題となった。…

※「聖金曜日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

聖金曜日の関連キーワード北アイルランド紛争アイルランド共和軍アルスター統一党キリスト教用語集ベルファスト合意シン・フェーン党聖金曜日の合意インプロペリアマタイ受難曲ベルファストパルジファルキリスト教ペイズリーロビンソンペトラルカトリンブルゴキブリヒュームアハーンラウラ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖金曜日の関連情報