斎食(読み)サイジキ

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐じき【斎食】

〘名〙
① 仏語。正しいきめられた時にとる食事。正午の食事。在家でも、特に八斎戒をまもる斎日には、正午を過ぎてからは食事をしない。
※続日本紀‐神護景雲二年(768)二月庚辰「結廬墓側、毎日斎食」
※正法眼蔵随聞記(1235‐38)三「僧は斎食等を調し食することなかれ」
② 法要その他の仏事のおり、供せられる食事。
※正倉院文書‐天平宝字五年(761)二月二三日・三嶋百兄解「右以去年二月廿七日、百兄男死亡、欲為斎食、請暇日如前、今注事状、謹解」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の斎食の言及

【斎会】より

…仏教では,僧尼を集めて斎食(さいじき)(午前中の食事)を供する法会をいう。もともとインドでは,貴賤僧俗を区別せずに斎食を布施して,大きな法会を営むことが多く,これをパンチャ・パリシャドPañca‐pariṣadと称し,中国では無遮会(むしやえ)と訳されていた。…

※「斎食」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android