コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大曾禰氏 おおそねうじ

1件 の用語解説(大曾禰氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおそねうじ【大曾禰氏】

鎌倉期の武士団。源頼朝の側近安達盛長の次男時長を始祖とする。《吾妻鏡》では,時長の子長泰から大曾禰氏の名称で表記。名字の地は後院領出羽国大曾禰荘といわれる。大曾禰荘内に位置する山形市柏倉の明源寺には,安達盛長の創建という毘沙門堂が現存し,また毘沙門山真妙寺も代々安達一門僧が住持であったという。おそらく頼朝が当初任命した大曾禰荘地頭は盛長であり,時長はその譲渡をうけてから大曾禰氏を名のったのであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大曾禰氏の関連キーワード安達景盛安達盛長小鹿島公業久下直光平時家中村宗平成田助綱藤原邦通源頼兼和田義茂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone