コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木葉木菟 オオコノハズク

デジタル大辞泉の解説

おお‐このはずく〔おほこのはづく〕【大木葉木菟】

フクロウ科の鳥。全長約25センチで、コノハズクよりやや大きい。頭に耳状の羽毛がある。日本では大木のある森林にすむ留鳥

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおこのはずく【大木葉木菟】

フクロウ目フクロウ科の鳥。全長25センチメートル 内外。頭に大きな耳のように見える羽角があるので、俗にミミズクと呼ばれる。褐色の地に暗色の斑紋があり、後頭部に淡黄褐色の横帯がある。針葉樹林・広葉樹林にすみ、夜間活動してネズミ・小鳥を捕食する。日本・東南アジア・インドに分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大木葉木菟 (オオコノハズク)

学名:Otus bakkamoena
動物。フクロウ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

大木葉木菟の関連キーワード広葉樹林針葉樹林ミミズク後頭部ネズミ羽角夜間小鳥暗色内外分布斑紋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android