大森一樹(読み)おおもり かずき

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「大森一樹」の解説

大森一樹 おおもり-かずき

1952- 昭和後期-平成時代の映画監督
昭和27年3月3日生まれ。京都府立医大在学中にシナリオオレンジロード急行(エクスプレス)」で城戸賞受賞,昭和53年みずから監督。55年「ヒポクラテスたち」を監督,57年製作会社ディレクターズ・カンパニーに参加。「恋する女たち」が62年文化庁優秀映画賞,63年日本アカデミー賞優秀脚本賞・優秀監督賞。のち「ゴジラVSビオランテ」などを手がける。平成12年大阪電気通信大教授,17年大阪芸大教授。大阪出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「大森一樹」の解説

おおもり‐かずき〔おほもり‐〕【大森一樹】

[1952~ ]映画監督。大阪の生まれ。都会的なセンスにあふれた青春映画支持を得る。代表作は、自ら医学生としての経験をいかした「ヒポクラテスたち」のほか、「すかんぴんウォーク」「恋する女たち」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android