コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森公式 オオモリコウシキ

3件 の用語解説(大森公式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおもり‐こうしき〔おほもり‐〕【大森公式】

初期微動の継続時間(S波P波の到達時間差)をもとに震源までの距離を求める公式。明治32年(1899)に地震学者大森房吉が提唱した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

大森公式【Omori's formula】

浅発地震の場合に,P波とS波の観測地点に到達する時間の差(初期微動時間)を t 秒としたとき,震央距離 ⊿ kmとの間には

⊿=7.42t

という関係が成立する.わが国の地震学の開祖大森房吉の提案したものである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おおもりこうしき【大森公式】

大森房吉によって提唱された震源距離に関する公式。地下構造が一様と見なせるとき、震源距離は初期微動の継続時間に比例する。余震の頻度に関する公式も大森は提唱しており、そちらを指す場合もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大森公式の言及

【震源】より

…すなわち,震源距離=定数×(S―P時間)という式が成り立ち,比例定数は8km/s程度である。この式を大森公式という。この場合には,三つの地点でS―P時間を測定すれば,それぞれに対応する震源距離を半径とする三つの球面の交点として震源が定まる。…

※「大森公式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大森公式の関連キーワードS波群発地震地震探査地震波走時曲線P波地鳴り浅発地震環太平洋地震帯和達=ベニオフ帯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大森公式の関連情報