コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森公式 オオモリコウシキ

3件 の用語解説(大森公式の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおもり‐こうしき〔おほもり‐〕【大森公式】

初期微動の継続時間(S波P波の到達時間差)をもとに震源までの距離を求める公式。明治32年(1899)に地震学者大森房吉が提唱した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

法則の辞典の解説

大森公式【Omori's formula】

浅発地震の場合に,P波とS波の観測地点に到達する時間の差(初期微動時間)を t 秒としたとき,震央距離 ⊿ kmとの間には

⊿=7.42t

という関係が成立する.わが国の地震学の開祖大森房吉の提案したものである.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおもりこうしき【大森公式】

大森房吉によって提唱された震源距離に関する公式。地下構造が一様と見なせるとき、震源距離は初期微動の継続時間に比例する。余震の頻度に関する公式も大森は提唱しており、そちらを指す場合もある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の大森公式の言及

【震源】より

…すなわち,震源距離=定数×(S―P時間)という式が成り立ち,比例定数は8km/s程度である。この式を大森公式という。この場合には,三つの地点でS―P時間を測定すれば,それぞれに対応する震源距離を半径とする三つの球面の交点として震源が定まる。…

※「大森公式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大森公式の関連情報