初期微動(読み)しょきびどう(英語表記)preliminary tremors

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ある観測点における P波到着時(地震の最初の縦ゆれ)から S波到着時(次の大きな横ゆれ)までの間の地震動(→地震波)。初期微動継続時間を S-P(エスマイナスピー)時間ともいい,震源から遠くなるほど時間が長くなるため,震源までの距離を簡単に算出するのに利用される。1918年,地震学者の大森房吉が S-P時間()に 7.42を掛ければ震源までの距離(km)が求められる,という公式を見出した。しかし実際には,地震波の経路である地球内部の状態によって速度が変わるため,数値はおおよその見積もりとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

S波が届くまでの地震動。P波は、速度がS波より速いので、ある地点の地震動は、初めP波による初期微動があり、しばらくしてS波が到着し、周期がやや長い、大きな揺れに変わる。初期微動の継続時間(S‐P時間)は震源から遠いほど長い。近い地震では、S‐P時間(秒)を7〜9倍すると、震源までのおよその距離(km)が出る。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

地震波のうち最初P波が到達し次にS波が到達するまでの地震動。この時間を初期微動継続時間といい,P波とS波の伝搬速度のに関係した時間なので,震源距離の決定に利用される。初期微動が長いほど震源は遠い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 地震の際、最初に到達する比較的小さな振動。S波(横波)が到達するまでのP波(縦波)のみの振動で、この時間をP‐S時間(S‐P時間とも)といい、震源地までの距離にほぼ比例するため震源の決定に利用される。初動。
※地震学講話(1907)〈大森房吉〉六「初期微動とは地震の初めに現はれる小なる振動のことで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の初期微動の言及

【地震波】より

…これに対し,表面波は,地球表面に沿って二次元的に伝わる。P波が到着してからS波が到着するまでの振動を初期微動と呼ぶ。電光を見てから雷鳴を聞くまでの時間が短いほど雷までの距離が近いのと同様に,初期微動継続時間が短いほど震源は近い。…

※「初期微動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初期微動の関連情報