コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震学 ジシンガク

5件 の用語解説(地震学の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じしん‐がく〔ヂシン‐〕【地震学】

地震とその原因、地震に関係する地学的諸現象、地震波による地球内部構造の研究などを取り扱う、地球物理学の一分野。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

地震学【じしんがく】

地震およびこれに関係する地学的諸現象を研究し,地震災害を防止することを目的とした地球物理学の一分野。地震計測,地震波動の理論,地震波に基づく地球内部構造の研究,地殻変動の研究等を取り扱う理論地震学と,耐震構造地震探査等を取り扱う応用地震学に区分される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じしんがく【地震学 seismology】

地震に関する諸現象を研究する学問。地震に関する哲学的考察は古くはギリシアローマ時代にさかのぼるが,自然科学としての地震学が芽ばえたのは1880年ころに地震動を正確に記録する地震計が発明されてからである。発明者は日本の明治新政府の御雇教師として来日していたイギリス物理学者J.A.ユーイングである。その後,適当な周期と倍率をもつ地震計が遠隔の地に起こった大地震による波動を記録することが知られてからは,ドイツ帝政ロシアなどで性能の良い地震計が製作され,世界各地で地震観測行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じしんがく【地震学】

地震に関する諸現象を科学的に研究する地球物理学の一分野。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地震学
じしんがく
seismology

地震とそれに関連する地球物理学的諸現象を研究する学問。おもに地震計でとられた記録に基づいて種々の自然科学的考察がなされる。研究対象を便宜的に大別すると、(1)地震の発生機構、地震波の伝播(でんぱ)様式など地震現象そのものを取り扱う分野と、(2)地震波を利用して地球内部構造を研究する分野に分かれる。
 地震学は固体地球物理学の一分野であるが、他の地球科学のいくつかの分野(火山学、測地学、地球電磁気学、地質学、岩石学など)とは密接な関係にある。地震現象や地球内部構造の全体像を得るには、多くの方面からの知識が必要である。
 地震学は震災対策・核爆発探知などを通して現実の政治・社会と密接に結び付いている。日本では昔から地震により多くの生命・財産が失われてきた。地震災害の軽減は全国民の願いである。精度のよい地震発生予測の実現への道のりは遠いが、地震災害の軽減には地震学の知見を生かすことができよう。核実験禁止は多くの人々の願いである。地震学的手法は、地下核実験監視のための重要な手法の一つとなっている。地震学手法の応用に際しては、自然地震と地下核実験の識別が重要となる。[山下輝夫]

近代科学としての歴史

地震学が近代科学としての形をとり始めたのは、正確に地震動を記録する地震計が開発され始めた19世紀末から20世紀初頭にかけてであった。近代的な地震計の開発についてもっとも著名な人は、ロシアのガリチンである。彼は地震の記録にガルバノメーターgalvanometer(検流計)を用いる電磁式地震計を開発した。この地震計の開発により、すでにある程度の発展をみせていた弾性理論との結合が可能になった。その後の地球内部構造についての研究の進歩は急速であった。この分野ではその後、ドイツの地震学者ウィーヘルトとその門下が基本的な仕事をした。
 1910年代には、すでにモホロビチッチ不連続面や地球の核の存在が知られていた。地殻と核の間にはマントルと名づけられる部分があることも知られていた。その後の観測網の充実により、地球内部構造についてのより詳細な知識が得られるようになった。また、地震の発震機構についての研究も盛んになってきた。発震機構、すなわち地震波が震源からの方位により「押し・引き」があることは、京都大学の地球物理学者志田順(とし)によって初めて着目されていた。その後、内外の地震学者によって研究されたが、なかでも日本の本多弘吉(ひろきち)による研究はもっともよく知られている。第二次世界大戦後に海洋底の地球物理学的研究が始まったが、これはプレートテクトニクスという理論を生み出すに至った。この理論により、地震現象を全地球規模での構造運動の一環として理解することが可能となったのである。
 また、1960年代の終わりころから地震の震源のモデルとして、断層モデルが用いられるようになったことは重要なことである。このモデルは、観測事実、すなわち地震波の波形や、また大地震発生に伴う地殻変動などをよく説明しうることを明らかにした。[山下輝夫]
『地震学会編・刊『日本の地震学百年の歩み』(1981) ▽笠原慶一著『防災工学の地震学』(1988・鹿島出版会) ▽嶋悦三著『わかりやすい地震学』(1989・鹿島出版会) ▽松沢武雄著『横目でみた地震学』全3巻(1993・深田地質研究所) ▽地震災害予測研究所編『日本の地震学と地震工学』(1998・損害保険料率算定会) ▽宇津徳治著『地震学』(2001・共立出版) ▽T・レイ、T・C・ウォレス著、柳谷俊訳『地震学』全2巻(2002・古今書院) ▽島村英紀著『地震学がよくわかる』(2003・彰国社) ▽菊地正幸著『リアルタイム地震学』(2003・東京大学出版会) ▽藤井敏嗣・纐纈一起編『地震・津波と火山の事典』(2008・丸善)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の地震学の言及

【地球物理学】より

…地球を物理学的方法によって研究する地球科学の一分野。固体としての地球(岩石圏)を取り扱う測地学,地震学,火山学,地磁気学などと,地球表面あるいは近傍の水圏および気圏を取り扱う海洋学,気象学,陸水学,超高層物理学などの2大分野に大別される。測地学は地球の形,大きさ,内部構造などを測地観測の結果をもとに議論し,また地殻の変動を議論する。…

※「地震学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

地震学の関連キーワード修辞学地震防災対策特別措置法地震津波禅学農政学憲法学地震湖地震時応力新耐震基準と旧基準の違い超高層物理学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

地震学の関連情報