コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森房吉 おおもりふさきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大森房吉
おおもりふさきち

[生]明治1(1868).10.30. 福井
[没]1923.11.18.
地震学者。東京大学物理学科卒業 (1890) 。 1892年震災予防調査会設立時から主任委員。のちに東大教授。地震学上の業績が多く,初期微動継続時間から震央を求める大森公式大森地震計などで著名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおもり‐ふさきち〔おほもり‐〕【大森房吉】

[1868~1923]地震学者。福井の生まれ。東大教授。日本における地震学の創始者初期微動震源との関係を表す大森公式や地震帯の発見、地震計の考案、震災対策など多くの業績がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

大森房吉【おおもりふさきち】

地震学者。福井市生れ。1890年東大卒。1897年東大教授。日本の近代地震学の指導的開拓者。国内国外の多くの地震を調査,文部省内の震災予防調査会の委員としても活躍。
→関連項目今村明恒地震

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森房吉 おおもり-ふさきち

1868-1923 明治-大正時代の地震学者。
明治元年9月15日生まれ。30年東京帝大教授。大森式地震計の考案や地震帯の発見などで知られる。震災予防調査会委員として活動。今村明恒の関東大震災の予測に反対して論争した。学士院会員。大正12年11月8日死去。56歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。帝国大学卒。著作に「地震学講話」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大森房吉

没年:大正12.11.8(1923)
生年:明治1.9.15(1868.10.30)
明治大正期の地震学者。福井の生まれ。明治23(1890)年帝大理科大学物理学科を卒業。大学院で地震および気象学を専攻。25年震災予防調査会設立とともに委員となる。ドイツ,イタリアに留学後,地震学教授となり終生地震学研究に専念する。この間,国内地震はもとより海外の大震災にも出張踏査したのをはじめ日本代表としてしばしば国際会議にも出席する。これらの調査報告および学術論文は和欧文を含めて200編以上にのぼる。当時を代表する著作に『地震学講話』(1908)がある。地震学上の業績に①大森式地震計,微動計の考案②地震帯の発見③初期微動と震源距離との関係(大森公式)④余震頻度の式⑤潮位,津波の研究⑥建築物の振動測定(耐震試験)などがあげられる。大森を助けた後輩の地震学者今村明恒の働きも大きく,地震予知説論争では相対立したが,体系をととのえた功績は大きい。大森を中心に樹立された地震学は,大正12(1923)年発生した関東大震災によりさらに多くの貴重な実質的資料が得られ,日本の地震学を発展させた。オーストラリアでの汎太平洋学術会議に出席中に関東大震災の悲報を知り,急ぎ帰国の船中で倒れ,同年死去。<参考文献>藤井陽一郎『日本の地震学』

(飯野貞雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおもりふさきち【大森房吉】

1868‐1923(明治1‐大正12)
明治・大正期の日本の代表的地震学者。福井の生れ。1890年帝国大学理科大学物理学科卒業。翌91年濃尾地震が発生し,このあと92年震災予防調査会が設立されたが,この委員となって活躍した。97年東京帝国大学教授。1906年学士院会員。地震学上の業績は,(1)日本地震史の研究,(2)大森式地震計をはじめ各種地震計の開発,(3)地震多発地帯である地震帯の発見,(4)余震の双曲線的減衰の公式,(5)初期微動と震源距離の関係式(大森公式)の発見,(6)脈動の研究,(7)潮位の変化の研究,(8)津波の研究,(9)火山の観測,(10)建築物の振動測定,などきわめて多岐にわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおもりふさきち【大森房吉】

1868~1923) 地震学者。福井県生まれ。東大教授。初期微動と震源距離に関する大森公式の発見、地震帯の研究、各種地震計の考案など、日本の近代地震学の発展に寄与。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大森房吉
おおもりふさきち
(1868―1923)

地震学者。福井県の生まれ。1890年(明治23)帝国大学(現、東京大学)理科大学物理学科を卒業し、大学院で地震学、気象学を専攻した。1892年震災予防調査会の設立とともに委員に就任、
1897年東京帝国大学教授となった。各種地震計の考案、地震帯の発見、余震の双曲線公式の発見、初期微動と震源距離の関係、脈動、潮位、津波、火山観測、建築物の震動測定、震災対策など多くの業績をあげている。
 明治末から大正にかけての震災予防調査会の活動の中心人物でもあった。1905年(明治38)後輩の今村明恒(あきつね)が「近く大震災がある」と発表すると、人心の動揺を鎮めるために今村の説を批判し、大論争になった。関東大震災(1923)のときは外遊中で、帰国後も病床にあって動けず、壊滅した東京に責任の重大さを感じながら死去した。主著に『地震学講話』がある。[藤井陽一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大森房吉の関連キーワード日本科学史(年表)初期微動継続時間今村 明恒火山観測所日本科学史大正時代ミルン火山学寄与

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android