コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森宗勲 おおもりそうくん

3件 の用語解説(大森宗勲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大森宗勲
おおもりそうくん

[生]元亀1(1570)
[没]寛永2(1625)
安土桃山~江戸時代前期の一節切 (ひとよぎり) の名手。宗君とも書く。織田信長の臣だったが,信長の死後隠遁の身となり,宗左流 (宗君流ともいう) の一節切に没頭。一節切の音楽を芸術的に高め,譜を著わして,狭い隠者的世界のものだった一節切を一般に広め,同流の中興の祖といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森宗勲 おおもり-そうくん

1570-1625 織豊-江戸時代前期の尺八奏者。
永禄(えいろく)13年3月15日生まれ。織田信長につかえた。一節切(ひとよぎり)尺八の名手。尺八製作にもすぐれ,後陽成天皇の命令で5管の銘器をつくり献上した。楽譜の「宗左流尺八手数並唱歌之目録」をあらわし,一節切尺八の普及につとめた。寛永2年4月10日死去。56歳。本姓は平(たいら)。号は岫庵(しゅうあん),策翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大森宗勲

没年:寛永2(1625)
生年:元亀1(1570)
安土桃山・江戸初期の一節切尺八中興の祖。岫庵と号する。楠木正成の首を討った伊予(愛媛県)の武将大森彦七の後裔。織田信長に仕えたが,信長没後は隠棲し,一節切尺八の研究に専念した。楽器の製作にも秀で,後陽成天皇の命により5本の銘管を製作,献上した。そのうちの1本が,「霊音」銘のある旧紀州徳川家蔵のものであるといわれている。また,名演奏ぶりを物語る逸話も多く残る。宗勲の著『宗左流尺八手数并唱歌目録』(「短笛秘伝譜」写本)には慶長13(1680)年の奥書があり,年記のあるものとしては最古の現存する一節切譜である。これにより,一節切尺八を一般人に広めた功績は,大きく評価されている。

(志村哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大森宗勲の関連キーワード雲英宗偉牧興相弘尊一節切菅笠節中興の祖政常神谷潤亭島一泉一節切尺八

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone