コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一節切 ひとよぎり

6件 の用語解説(一節切の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一節切
ひとよぎり

尺八の一種。 15世紀中頃から 18世紀初頭までに行われた日本の竹製縦笛。正しくは一節切尺八。管のなかほどに竹の節が1つだけあるのでこの名がある。当初は単に尺八と称した例も多い。管長約 33.6cm。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひとよ‐ぎり【一節切】

尺八の一種。長さ約34センチ、太さ直径約3センチの竹製の縦笛で、節が一つある。室町中期に中国から伝来、桃山時代から江戸初期にかけて流行したが、幕末に衰滅。一節切尺八。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一節切【ひとよぎり】

室町から江戸初期にかけて流行した管楽器。縦型フルートで,吹口の形は尺八と同じ。一節切は後世つけられた名称。指孔も尺八と同じ5孔(表4,裏1)あるが,管長が約34cmと短い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひとよぎり【一節切】

中世末期から近世にかけての日本で行われた尺八の一種。正しくは一節切尺八といい,一簡切,一節截などとも書く。竹の幹の中ほどで作り,現行の普化尺八より細くて短い。管の上方約3分の1の所に一つだけ節があるので,その名がある。指孔は前面4・背面1で,数と配置は普化尺八と同様だが,孔間比は微妙に異なる。音量は普化尺八より小さく,音域も狭い。起源については,15世紀ころにロアン(朗庵などと書かれる)なる外国人僧侶が伝来したという伝説があるのみで,よくわからないが,遅くとも14世紀ないし15世紀には行われはじめたものらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひとよぎり【一節切】

尺八の一種。長さ一尺一寸一分(約34センチメートル)で、一つの節を有する竹製の縦笛。前面に四孔、裏面に一孔の指孔がある。室町中期から江戸初期まで盛んに行われたが、中期以後衰微。一節切尺八。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一節切
ひとよぎり

5孔1節の尺八の一種。節を一つだけ含む竹管の意からこの名がある。標準管長は1尺1寸1分(約33.6センチメートル)で、普化(ふけ)尺八よりかなり短く細い。マダケの幹の中ほどを用い、節を第5孔(裏孔)と第4孔の間に置く。外面を斜めに切り落とした尺八と同じ歌口をもつが、そこに牛角を埋め込んだものは少なく、また根に近いほうを上にするところなど、普化尺八と異なる。伝来は室町時代中期と伝えられ、16~17世紀に盛行をみた。普化尺八と比べると、基本的奏法はほぼ同じだが、音量・音域が劣り、歌口・指孔が小さいため、技法がやや困難である。そのためしだいに衰微し、19世紀初期に小竹(こたけ)と改名して一時再興されたものの、同中期以後は伝承者を失った。[月溪恒子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一節切の言及

【尺八】より

…名称は標準管長(1尺8寸)に由来する。日本の音楽史上に現れた広義の尺八には,古代尺八,天吹(てんぷく),一節切(ひとよぎり)尺八などもあるが,現行するのは普化(ふけ)尺八のみであるから,以下,それを主として解説する。〈普化尺八〉は〈虚無僧尺八〉とも呼ばれるが,江戸時代にこの楽器が普化宗(禅宗の一種。…

【日本音楽】より

…また尺八も輸入され普化宗(ふけしゆう)の仏徒(虚無僧)によって行われた。尺八の同類である一節切(ひとよぎり)も輸入され,このほうは一般庶民の楽器として,箏や三味線と合奏されたり,流行歌や民謡を吹くことにも用いられた。また,僧徒の遊宴で行われていた延年と称する総合芸能の中に〈越天楽歌物〉も含まれていたが,それらに基づいて北九州に筑紫流(つくしりゆう)箏曲(筑紫箏)が興った。…

※「一節切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一節切の関連キーワード御用絵師悪しい荒くもしい唐輪組町郷村町人捌き鉛銭石子詰恩貸地制

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一節切の関連情報