コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森清男 おおもり きよお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森清男 おおもり-きよお

1921-1991 昭和時代の工芸家,作家。
大正10年4月22日生まれ。サトウハチローに童話,詩をまなぶ。昭和39年ごろから高山祭の屋台の模型づくりにはげみ,「鳳凰台」「神楽台」など6種類を10分の1の大きさで約100台製作した。平成3年12月1日死去。70歳。岐阜県出身。著作に「奥飛騨繁昌記」「飛騨の火薬物語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大森清男の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android