コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森立嗣 おおもり たつし

2件 の用語解説(大森立嗣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森立嗣 おおもり-たつし

1970- 平成時代の映画監督。
昭和45年9月4日生まれ。前衛舞踏家・俳優で大駱駝艦の麿赤兒の長男。大学入学後映画に興味をもち,8ミリ映画を制作。のち俳優として映画などに出演。平成17年「ゲルマニウムの夜」が監督デビュー作。25年「さよなら渓谷」でモスクワ国際映画祭コンペティション部門審査員特別賞。26年「ぼっちゃん」「さよなら渓谷」でブルーリボン賞監督賞。東京都生まれ。駒沢大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

大森 立嗣


芸名
大森 立嗣

性別
男性

生年月日
1970/09/04

星座
おとめ座

干支
戌年

出身地
東京都

身長
172cm

体重
72kg

靴のサイズ
26.5cm

職種
タレント・俳優・女優/文化人

好きなスポーツ
水泳

資格・免許
普通自動車/日本映画監督協会会員

趣味・特技
読書/水泳

プロフィール
大学入学後8㎜映画制作、俳優として舞台・映画などに出演。1997年、映画『傷だらけの天使』(阪本順治監督)に出演後、現場スタッフとして阪本順治・井筒和幸などの作品に参加。2005年に『ゲルマニウムの夜』で映画監督デビュー。主な出演作に映画『かぞくのくに』『海炭市叙景』『プープーの物 語』、演出作には『まほろ駅前多田便利軒』『ぼっちゃん』『さよなら渓谷』がある。

代表作品
映画『かぞくのくに』(2012) / 映画『海炭市叙景』(2010) / 映画『さよなら渓谷』(2013)

出典|株式会社タレントデータバンク
タレントデータバンクについて | 情報

大森立嗣の関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画電子工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大森立嗣の関連情報