コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大椎城 おおいじょう

日本の城がわかる事典の解説

おおいじょう【大椎城】

千葉県千葉市緑区に平安時代末期から戦国時代にかけてあった平山城(ひらやまじろ)。平安時代末期に上総介平忠常が築城し、その曾孫の千葉常兼が修復した千葉氏宗家(千葉介)の城。1126年(大治1)に亥鼻城(いのはなじょう)(同市中央区)に移るまで、千葉介が居城としていた。戦国時代には、大椎城は土気城を本城とする酒井氏の支城として整備された。城跡には曲輪(くるわ)、土塁、空堀、切通しなどの遺構が比較的良好な状態で残っているが、それらは平安末期のものではなく、戦国時代の酒井氏の時代のものである。JR外房線土気駅から徒歩約20分。

出典 講談社日本の城がわかる事典について 情報

大椎城の関連キーワード亥鼻城

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android