コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大楠道代 おおくす みちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大楠道代 おおくす-みちよ

1946- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和21年2月27日中国天津生まれ。昭和39年安田道代の本名で日活映画「風と樹と空と」でデビュー。40年大映に入社,「氷点」「痴人の愛」などで,若尾文子につぐ看板スターとして活躍。46年フリーとなり,51年大楠祐二と結婚。55年「ツィゴイネルワイゼン」に出演し,56年キネマ旬報助演女優賞。24年毎日映画コンクール田中絹代賞。出演作品はほかに「」「赤目四十八瀧心中未遂」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大楠道代の関連キーワードZigeunerweisen愚か者 傷だらけの天使ベッドタイムアイズジャージの二人親鸞 白い道大鹿村騒動記BU・SUあつもの陽炎座座頭市痴人氷点鉄拳

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大楠道代の関連情報