コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋焼 オオヒヤキ

2件 の用語解説(大樋焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおひ‐やき〔おほひ‐〕【大×樋焼】

加賀金沢楽焼き。寛文年間(1661~1673)に、金沢の大樋で、京都の陶工長左衛門が創始。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大樋焼の言及

【裏千家流】より

… 利休から数えて4世にあたる仙叟宗室は,はじめ医師を志して野間玄琢に師事し,玄室と称していたが,玄琢の死後千家に戻り,のち加賀藩主前田利常の茶道茶具奉行として仕えるところとなった。その折,京都から大樋長左衛門を伴って金沢に赴き,〈大樋焼〉を開窯し,宮崎寒雉を指導して茶の湯釜を鋳造させたという。臘月庵と号し,織田有楽の孫三五郎長好とも交友をもっている。…

※「大樋焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大樋焼の関連キーワード順治帝徳川綱重徳川頼房煮売屋順治帝寛文嵐三右衛門寛文模様藩札文字の獄

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大樋焼の関連情報