コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋焼 オオヒヤキ

デジタル大辞泉の解説

おおひ‐やき〔おほひ‐〕【大×樋焼】

加賀金沢楽焼き。寛文年間(1661~1673)に、金沢の大樋で、京都の陶工長左衛門が創始

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおひやき【大樋焼】

石川県金沢の楽焼。江戸時代初期大樋長左衛門の創始にかかる。茶道具を主に作り、赤黄色のいわゆる飴釉が特色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大樋焼の言及

【裏千家流】より

… 利休から数えて4世にあたる仙叟宗室は,はじめ医師を志して野間玄琢に師事し,玄室と称していたが,玄琢の死後千家に戻り,のち加賀藩主前田利常の茶道茶具奉行として仕えるところとなった。その折,京都から大樋長左衛門を伴って金沢に赴き,〈大樋焼〉を開窯し,宮崎寒雉を指導して茶の湯釜を鋳造させたという。臘月庵と号し,織田有楽の孫三五郎長好とも交友をもっている。…

※「大樋焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大樋焼の関連キーワード大樋長左衛門(九代目)大樋長左衛門(2代)大樋長左衛門(初代)大樋長左衛門(十代)大樋勘兵衛(3代)大樋勘兵衛(初代)大樋勘兵衛(2代)石川県金沢市橋場町大樋朔太郎大樋美術館大樋年朗大樋道忠裏千家茶道具楽焼

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android