コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋焼 オオヒヤキ

大辞林 第三版の解説

おおひやき【大樋焼】

石川県金沢の楽焼。江戸時代初期大樋長左衛門の創始にかかる。茶道具を主に作り、赤黄色のいわゆる飴釉が特色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大樋焼の言及

【裏千家流】より

… 利休から数えて4世にあたる仙叟宗室は,はじめ医師を志して野間玄琢に師事し,玄室と称していたが,玄琢の死後千家に戻り,のち加賀藩主前田利常の茶道茶具奉行として仕えるところとなった。その折,京都から大樋長左衛門を伴って金沢に赴き,〈大樋焼〉を開窯し,宮崎寒雉を指導して茶の湯釜を鋳造させたという。臘月庵と号し,織田有楽の孫三五郎長好とも交友をもっている。…

※「大樋焼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大樋焼の関連キーワード大樋長左衛門(九代目)大樋長左衛門(2代)大樋長左衛門(初代)大樋長左衛門(十代)大樋勘兵衛(3代)大樋勘兵衛(初代)大樋勘兵衛(2代)石川県金沢市橋場町大樋朔太郎大樋美術館大樋年朗大樋道忠裏千家茶道具楽焼

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android