大樹将軍(読み)タイジュショウグン

  • たいじゅしょうぐん ‥シャウグン
  • たいじゅしょうぐん〔シヤウグン〕

大辞林 第三版の解説

後漢書馮異伝より。後漢の将軍馮異ひよういは、諸将が手柄話をしているとき、大樹の下に一人しりぞいて功を誇らなかったという故事から
将軍・征夷大将軍の異名。大樹。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (中国の後漢の馮異(ふうい)という将軍は、諸将が軍功を論ずる時、必ずひとり大樹の下に退いて、功を誇ることがなかったので、大樹将軍とあだ名されたという故事から) 将軍または征夷大将軍の異称。大樹。大樹公。
※書紀(720)天智八年一〇月「此の一言は、竊に往(むかし)の哲(さかしひと)の善言に比へむ。大樹将軍の賞(たまもの)を辞(いな)ひしこと詎れか年を同じくして語(かた)る可けむ」 〔後漢書‐馮異伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる