大橋一蔵(読み)おおはし いちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋一蔵 おおはし-いちぞう

1848-1889 明治時代の教育者,開拓者。
嘉永(かえい)元年生まれ。明治9年前原一誠らがおこした萩の乱に呼応して反乱をくわだてたが,失敗して自首特赦ののち15年新潟県弥彦村に私学明訓校を設立。北越殖民社をおこし,北海道開拓事業にもつくした。明治22年2月13日死去。42歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は清贇。号は池塘(ちとう),晏如。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android