大橋陶庵(読み)おおはし とうあん

美術人名辞典の解説

大橋陶庵

幕末・明治の儒者本姓は河田、名は燾、字は仲載、通称は燾次。河田興の二男、大橋訥庵の養子となる。詩書を能くし、家塾を開いて子弟を薫育する。勤王の志厚く坂下門の義挙に連座し幽獄される。後大学教授となる。明治14年(1881)歿、46才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大橋陶庵 おおはし-とうあん

1837-1882 幕末-明治時代の儒者。
天保(てんぽう)8年9月10日生まれ。文久2年養父大橋訥庵(とつあん)の事件にかかわり入獄。維新後,大学教授となり,のち家塾で子弟におしえた。明治15年8月6日死去。46歳。本姓は河田。名は正燾(まさてる)。字(あざな)は仲載。通称は燾次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android