コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江藍田 おおえ らんでん

1件 の用語解説(大江藍田の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江藍田 おおえ-らんでん

1757-1788 江戸時代中期の儒者。
宝暦7年生まれ。大江玄圃の子。詩文をよくし,京都で活躍。江戸におもむく途中,天明8年5月8日病死した。32(一説に34)歳。京都出身。名は維翰。字(あざな)は伯祺,文挙。通称は久川玄蕃。別号に東陽,藍水。著作に「詩語国字解」「日本詩故事選」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大江藍田の関連キーワードプラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い柄井川柳サリエリ朋誠堂喜三二鳥人幸吉カノーバ冠辞考久留島義太

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone