コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河兼任 おおかわ かねとう

2件 の用語解説(大河兼任の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河兼任 おおかわ-かねとう

?-1190 平安後期-鎌倉時代の武将。
陸奥(むつ)平泉(岩手県)の豪族藤原泰衡(やすひら)の家来。泰衡が源頼朝にほろぼされると,仇(かたき)を討つと称して挙兵し,秋田・津軽地方で勢力をふるった。多賀国府へむかうが幕府軍に敗れ,ひとり栗原寺(宮城県栗駒町)ににげたところ,きこりにあやしまれ文治(ぶんじ)6年3月10日殺害された。通称は次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大河兼任

没年:建久1.3.10(1190.4.16)
生年:生年不詳
平安末期の武将。通称次郎。名字の大河の地は,秋田郡大河郷説や津軽説または米代川流域説などがある。平泉藤原泰衡の郎従。秋田城在庁でもあったとみられる。文治5(1189)年奥州合戦後,従来の権益を制約され,主人泰衡の敵を討つと称して反旗を翻した。津軽での挙兵,秋田城攻撃,再度の津軽攻撃などで戦果をあげ,平泉から栗原郡(宮城県)まで進軍したが,鎌倉幕府軍に押し戻され,外浜多宇末井梯で大敗を喫し,出羽国山北(秋田県)を経て栗原寺に単騎出現したところを樵夫に斧で殺された。この間わずか3カ月余。奥羽両国衙の有力在庁まで味方に募った行動の早さと反乱の広がりは幕府を驚愕させた。

(遠藤巖)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大河兼任の関連キーワード福原裹頭衆地名字音転用例末期名字拝領七笑江戸重長大河内正路草野永平藤原国衡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone