コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内正温 おおこうち まさはる

1件 の用語解説(大河内正温の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内正温 おおこうち-まさはる

1725-1782 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)10年生まれ。三河(愛知県)吉田藩主松平信祝(のぶとき)の3男。大河内正貞(まささだ)の養子となり,寛延2年上総(かずさ)(千葉県)大多喜藩大河内(松平)家3代。天明2年11月2日死去。58歳。初名は祝盈(ときみつ)。通称は金弥。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大河内正温の関連キーワードフェイト嬉野次郎左衛門ピョートル千宗守(4代)伊達村候科学史武者小路千家天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone