大河内輝聴(読み)おおこうち てるとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内輝聴 おおこうち-てるとし

1827-1860 江戸時代後期の大名。
文政10年8月4日生まれ。上総(かずさ)(千葉県)大多喜藩主大河内(松平)正敬(まさかた)の5男。大河内輝充(てるみち)の養子となり,弘化(こうか)3年上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主大河内(松平)家9代。領地の下総(しもうさ)銚子(千葉県)に海防掛を派遣し,沿岸警備にあたらせる。藩士に西洋砲術をまなばせ,安政3年軍制の改革に着手した。奏者番,寺社奉行をつとめた。万延元年6月18日死去。34歳。初名は正連。通称は恭三郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android