コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内輝聴 おおこうち てるとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内輝聴 おおこうち-てるとし

1827-1860 江戸時代後期の大名。
文政10年8月4日生まれ。上総(かずさ)(千葉県)大多喜藩大河内(松平)正敬(まさかた)の5男。大河内輝充(てるみち)の養子となり,弘化(こうか)3年上野(こうずけ)(群馬県)高崎藩主大河内(松平)家9代。領地の下総(しもうさ)銚子(千葉県)に海防掛を派遣し,沿岸警備にあたらせる。藩士に西洋砲術をまなばせ,安政3年軍制の改革に着手した。奏者番,寺社奉行をつとめた。万延元年6月18日死去。34歳。初名は正連。通称は恭三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大河内輝聴の関連キーワードマキシモヴィッチ万延カニング冬の旅ナバリノの海戦カニングゴーブル酒井忠績佐藤尚中中浜万次郎