コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津大浦 おおつの おおうら

3件 の用語解説(大津大浦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津大浦 おおつの-おおうら

?-775 奈良時代の陰陽師(おんようじ)。
天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)藤原仲麻呂の挙兵を密告して,正七位上より従四位上にのぼったが,天平神護(じんご)元年和気王(わけおう)の謀反に連座して位封(いふ)をうばわれ左遷,神護景雲元年天文陰陽の書も没収された。のちゆるされて復位,陰陽頭(かみ)兼安芸守(あきのかみ)となる。宝亀(ほうき)6年5月17日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大津大浦

没年:宝亀6.5.17(775.6.19)
生年:生年不詳
奈良後期の陰陽家。代々の陰陽家の出身で,藤原仲麻呂の信任を得て吉凶を占っていたが,仲麻呂の謀反計画を知り,累のおよぶことを恐れて密告した。天平宝字8(764)年の仲麻呂の変後,一躍正七位上から従四位上を授けられ,姓を宿禰に改め,左兵衛佐兼美作守に任ぜられた。翌天平神護1(765)年3月には和気王と共に功田を賜ったが,同年8月には和気王の謀反に連座して,日向守に左遷のうえ位封を奪われ,姓はもとの連に戻された。さらに神護景雲1(767)年には現職を解任され,所持する天文陰陽などの書を官に没収された。ところが道鏡失脚ののち,宝亀1(770)年に罪を許されて帰京し,翌年には陰陽頭,同5年には安芸守を兼ねた。翌6年現職のまま,自らの持つ技術の故,奈良時代後期の政争のなかで波乱の生涯を閉じた。<参考文献>宮崎健司「大津連首について」(『尋源』40号)

(脊古真哉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおつのおおうら【大津大浦】

?‐775(宝亀6)
奈良時代の陰陽家。大津氏は連(むらじ)姓で,代々陰陽を習い伝える。大浦は藤原仲麻呂の信任をえて吉凶を占ったが,仲麻呂の叛意を知るとこれを密告。その功により位は正七位上から従四位上,姓も宿禰(すくね)となり,功田15町が与えられた。しかし道鏡政権下で舎人親王の孫和気王の謀反事件に連座し,再び連姓となり,日向守に左遷。道鏡失脚後ゆるされて陰陽頭兼安芸守となった。【早川 庄八

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大津大浦の関連キーワード陰陽道陰陽師陰陽家羅刹日安倍晴道安倍吉平賀茂光栄滋岳川人弓削是雄余秦勝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone