コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津袋 オオツブクロ

デジタル大辞泉の解説

おおつ‐ぶくろ〔おほつ‐〕【大津袋】

茶の湯で、中(ちゅうなつめ)を入れる紫縮緬(ちりめん)または茶縮緬の千利休工夫という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおつぶくろ【大津袋】

茶の湯で、棗なつめを入れる袋。紫縮緬ちりめんまたは茶縮緬のものが多い。こめぶくろ。 〔千利休の妻宗恩が、大津の米袋の美しさに感じて考案したという〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大津袋の関連キーワード茶の湯袋物米袋

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android