コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浜海岸(読み)オオハマカイガン

デジタル大辞泉の解説

おおはま‐かいがん〔おほはま‐〕【大浜海岸】

徳島県南東部、海部(かいふ)郡美波(みなみ)町日和佐(ひわさ)浦にある海岸。日和佐川河口から北に続く約500メートルの砂浜で、ウミガメの産卵地として有名。海岸は景勝地としても知られ、夏は海水浴場としてにぎわう。名の由来は「大きな浜」から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大浜海岸
おおはまかいがん

徳島県南東部、海部(かいふ)郡美波(みなみ)町の海岸。日和佐(ひわさ)川河口から北に広がる約500メートルの砂浜海岸で、国指定天然記念物のウミガメの産卵地として知られる。毎年5月から9月ごろまで数十頭のウミガメが上陸し産卵するが、6月と7月がもっとも多い。日和佐うみがめ博物館(カレッタ)もある。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大浜海岸の関連情報