コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大深度地下法 だいしんどちかほう

百科事典マイペディアの解説

大深度地下法【だいしんどちかほう】

大深度地下の公共的使用に関する特別措置法〉の略称で2000年5月成立。3大都市圏(東京,大阪,名古屋)において,大深度地下(40m以深)の使用を鉄道,道路,上下水道,電気,ガス,通信などの公共事業に限り,地権者に対する事前補償が原則的に不要で利用できるとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大深度地下法の関連キーワード土地収用法

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android